スプリントとTモバイル 米地裁が合併を容認

2020/02/12(水)05:45
ソフトバンクグループ傘下で、アメリカの携帯電話4位のスプリントと3位のTモバイルUSの合併阻止をめぐる訴訟で、ニューヨークの連邦地裁は、合併を容認する判断を下しました。ニューヨーク州などは、「合併により競争が阻害され値上げにつながる」と反発していました。すでに司法省などは承認をしているため、合併は実現する見通しとなり、スプリントの株価は一時、70%以上急騰しています。
続きを読む