米大統領選 ニューハンプシャー州予備選 投票続く

2020/02/12(水)05:45
アメリカ大統領選にむけた民主党の候補者指名争いの第二戦目となるニューハンプシャー州の予備選挙が始まり、現在も投票が続いています。左派のサンダース候補がリードする中、中道派のブティジェッジ候補がどこまで票を伸ばせるかが焦点です。ニューハンプシャー州内を対象とした最新の世論調査では、国民皆保険や大学の無償化などを訴えるサンダース候補が、28.7%とリードを保っています。2位には、先週行われたアイオワ州の党員集会で一躍トップに躍り出た、38歳で最年少のブティジェッジ候補が、21.3%で追っている状態です。さらに、現在支持を拡大しているクロブシャー上院議員と、バイデン前副大統領、ウォーレン上院議員が、それぞれ11%台で続いています。ニューハンプシャー州予備選の結果は、日本時間の12日午後には判明する見通しです。
続きを読む